トップ > 歴史読本・史料 > 原爆廃墟から生きぬいた少女

原爆廃墟から生きぬいた少女

学習絵本・長崎の証言

原爆廃墟から生きぬいた少女

下平作江さんの証言  

証言:下平作江 絵:井上幸雄 構成:末永浩

 

大好評だった絵本紙芝居『ノーモア・ヒバクシャ』につづき、
平和学習の教材としての絵本第2弾。
下平作江さんは、各地で被爆証言を伝えている人。

 

読み聞かせのできる絵本は「紙芝居」としても活用できます。
長崎の原爆被爆の惨状を風化せず、語り継ぐための絵物語。

 

証言者・下平作江氏略歴    

1935年(昭和10)中国()満州国遼陽市生まれ。1940年(昭和15)長崎市の親戚にひきとられ、伯母に育てられる。城山国民学校5年生(1945年)のとき爆心地から800m地点で被爆。防空壕にいて一命をとりとめた。高校、短大を卒業し、被爆体験を語りつづけて今日に至る。講話回数は1万回を超えた。

長崎原爆遺族会顧問 / 長崎平和推進協会継承部会員 / 長崎平和宣言文起草委員

 

A3判(縦30.5mm×横440mm) フルカラー リング綴じ製本(紙芝居仕様) 34ページ 
■2014年1月31日発行

■定価 2,000円(税別)  ■ISBN978-4-88851-207-7 C0023

発送は宅急便となります。(メール便ではお送りできません)
価格 : 2,200円 (税込)
ISBN978-4-88851-207-7
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ