トップ > 小説・エッセイ > 彦馬奔る

彦馬奔る

彦馬奔る  漫画:奈華よし子

写真の開祖上野彦馬の青春の日々。
祝言の日に馴染の遊女が身投げする。
幕末長崎のドラマを漫画で描く。


《内容(目次)》
第1章 誕生 写真師上野彦馬
第2章 唐寺の鬼瓦
第3章 梅花書屋異聞<前編>
第4章 梅花書屋異聞<後編>
第5章 紅散る
第6章 春の宴

《著者略歴》奈華 よし子(なか よしこ)  本名橋口美子。
1985年「梅花書屋異聞」をマンガハウスから発刊。同年秋田書店からも同時デビュー。
少年画報社、双葉社などの雑誌に掲載。


■A5判並製 152ページ  ■定価1200円(税別) 
■ISBN978-4-88851-258−9  C0079 \1200E
※メール便でお届けできます。他の書籍と同梱の場合は宅配便となります。
価格 : 1,320円 (税込)
978-4-88851-258−9
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ