ログイン 新規登録
 
会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター
     
旅する長崎学シリーズ  
長崎游学シリーズ  
歴史読本・史料  
小説・エッセイ  
長崎文化・一般  
名著復刻シリーズ  
写真集・絵画集  
長崎古版画・ポスター  
グラバー魚譜  
長崎文献ライブラリー  
絵はがき集・マグネット  
文化フォーラム  
 
     
      095-823-5247  
 
    メールはこちら
 
 
 制作現場より
大黒町OL日記VOL.5 ★★長崎文献社の編集部は「交通産業ビル」5階にあります。ビルはJR長崎駅から国道20...
 
 
 
   長崎文化・一般 > 遠藤周作と『沈黙』を語る
 
 
 
前の商品 遠藤周作と『沈黙』を語る
 
 
遠藤周作と『沈黙』を語る

拡大 ( Size : 142 kb )
 
価格 : 864円 (税込)
ISBN978-4-88851-274-9
数量
 
 税込2,000円以上のご注文で送料無料です。税込2,000円未満の場合は送料240円となります。
 
 
  ■長崎文献社ブックレット No.1■

『沈黙』刊行50年記念国際シンポジウム 全記録
遠藤周作と『沈黙』を語る

スコセッシ監督による映画『沈黙』が公開されている。
名作の背景を深く掘り下げたシンポジウムの全記録をブックレットで刊行  

◆体裁  ・四六判 並製 128ページ ・定価:800円(税別)
     ・ISBN978−4−88851—274−9 C0095

<構成(目次)>
・はじめに 
シンポジウム開催までの経緯と概要―北村沙緒里(遠藤周作文学館学芸員)

・特別講演
父・遠藤周作の思い出―遠藤龍之介(遠藤周作氏長男、フジテレビ専務取締役)   
 ―家族として生活した作家の素顔を紹介。「いまこそ生きていてほしかった」と述懐

・基調講演
『沈黙』と『SILENCE』―ヴァン・C・ゲッセル(翻訳家、映画コンサルタント)
―遠藤文学7作品を翻訳。映画『沈黙』製作ではスコセッシ監督の文学コンサルタントの立場から秘話紹介

・パネルディスカッション 
遠藤周作とわたし、そして‟長崎”  
司 会   加藤宗哉(元三田文学編集長)  
パネリスト 青来有一(作家)、松田美緒(歌手)、ユスチナ・カシャ(遠藤文学研究者) 、
ヴァン・C・ゲッセル(オブザーバー)


 

Copyright © 長崎文献社 All Rights Reserved.     095-823-5247
商号名 : 株式会社長崎文献社   代表 : 片山 仁志
特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 長崎県長崎市大黒町3-1 長崎交通産業ビル5階