トップ > 歴史読本・史料 > 長崎絵図帖の世界

長崎絵図帖の世界

長崎絵図帖の世界
大井 昇

■定価:2400円(税別)
■体裁 B5判 フルカラー 本文184ページ
■ISBN978-4-88851-293-0  C0021
■2018年5月発行

収集した江戸時代の長崎図600点余を解析
長崎歴史文化博物館、国立公文書館、神戸市立博物館、大英図書館ほかに眠っている長崎諸役所の詳細な絵図は驚きに満ちている。貴重画像の歴史的背景を徹底分析。

◆内容(目次)
第一章 「絵図帖」の製作と管理
第二章 絵図帖に描かれた長崎の施設
     …杭衒行所関係 蔵 D杭衙念彜愀検´な欅臓Ψ抻, 施設と番方の長屋 ツ杭蠏挌関係 Δ修梁召了楡
第三章 各絵図帖について
第四章 近世初期の長崎地図

<著者プロフィール>大井昇(おおい のぼる)
1935年(昭和10)生まれ。九州工業大学卒、九州大学理学博士。東芝で原子力・核燃料技術者として35年間勤務。その後、 日本原子力産業会議参与、武蔵工業大学非常勤講師などを務めた。著書に『幕臣サブロスキー』(長崎文献社 2008年刊)がある。
価格 : 2,640円 (税込)
ISBN978-4-88851-293-0
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ