トップ > 長崎文化・一般 > 鉄川与助の大工道具

鉄川与助の大工道具

長崎の教会堂に刻まれた知恵と工夫
鉄川与助の大工道具
山田由香里(長崎総合科学大学教授)

◆体裁 B5判 並製 カバー マットPP加工   本文 フルカラー 135p 
定価:本体2400円+税   
ISBN978‐4-8885‐300-5 C0052 ¥2400E

◆本書の特徴  
長崎の教会堂建設にかかわった鉄川与助の  大工道具学術調査の全貌をまとめた本。道具は 与助の知恵と工夫を物語る。世界遺産となった 教会堂を新視点で見る意欲作。鉄川与助建物総覧収録

◆内容(目次)  
・鉄川与助の大工道具との出会い  ・語り始めた鉄川与助の大工道具  ・フランス製の大工道具を追って海外取材  ・鉄川与助の鉋を復原して称賛の声  ・世界遺産の教会で鉋跡と道具を同定  ・鉄川与助の知恵と工夫の跡(全69件)を追跡調査 

◆著者プロフィール 山田由香里(やまだ・ゆかり) 神奈川大学大学院工学研究科博士後期課程修了。平戸市教育委員会(2001年〜2006年)、各務原市教育委員会(2016年)を経て、2007年から長崎総合科学大学工学部建築学科准教授。現在同大学工学部工学科建築学コース教授。博士(工学)。2009年度第一回日本都市計画家協会楠本洋二賞最優秀賞受賞。 著書に、『平戸の町並み――オランダ商館復元と合わせた町の活性化をめざして』(共著、日本ナショナルトラスト、2003年)、『長崎の教会堂――風景のなかの建築』(共著、河出書房新社、2016年)など。
価格 : 2,640円 (税込)
ISBN978‐4-8885‐300-5
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ