トップ > 長崎文化・一般 > パパ様と長崎

パパ様と長崎

《たちまち増刷!》
パパ様と長崎

西岡由香 絵と文(英語併記)
 

本体価格1000円(税別)

B5判並製 42

ISBN978-4-88851-324-1 C0723


天正遣欧使節の教皇謁見のむかしからローマと長崎の縁は深い。
2019年11月にはフランシスコ教皇が長崎を訪れる。
被爆地から発信する地球平和の祈り―。

◆内容(目次=抄)
・ 降りしきる雪のなかで
・ 教皇フランシスコはアルゼンチン生まれ
・ レンゾ神父はアルゼンチン時代の教え子
・ 長崎からローマに旅立った4人の少年使節
・ 世は秀吉の時代、長崎で26人の処刑
・「沖をとおるはパーパの船よ」
・ 26人の処刑地にむかって「天主堂」建設
・ 「サンタ・マリアのご像はどこ?」
・ 「浦上四番崩れ』で明治政府に抗議の嵐
・ 「戦争は人間のしわざです。」
・ 潜伏キリシタンの絆が世界文化遺産に

◆編集部から 「パパ様」とはローマ教皇のことです。
ギリシャ語やラテン語に由来します。
長崎では潜伏キリシタンたちが、いつか神父がやってくることを信じて、「沖をとおるはパーパの船よ」とくちずさんでいたそうです。いまでも長崎の信徒は「パパ様」と呼んで親しんでいます。
外国人の読者にも読んでほしいので英訳を併記しました。
価格 : 1,100円 (税込)
ISBN978-4-88851-324-1
数量    在庫あり
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ