トップ > 謝恩セール > リンガー家秘録

リンガー家秘録

リンガー家秘録 1868-1940

長崎居留地資料で明かすホーム・リンガー商会の盛衰記

(Holme, Ringer&Company, The Rise and Fall of a British Enterprise in Japan
1868-1940)             

ブライアン・バークガフニ著
日本語訳:大海バークガフニ


《主な内容》(目次)

1章 旅の始まり…イギリス、中国、そして日本

    グラバー商会の茶検査官として来日

2章 ホーム・リンガー商会の設立

    ボートレース「長崎レガッタ」での活躍

3章 リンガー家の人びと●再婚のカロリーナとの結婚と新生活

4章 長崎の経済成長―倉場富三郎の帰郷と長崎のインフラ整備

5章 ナガサキ・ホテル―長崎港に威容を現した豪華ホテルの明暗

6章 近代捕鯨・漁業―近代捕鯨とトロール船を導入して繁栄

7章 瓜生商会と下関―-下関の藤原義江記念館と紅葉館

8章 第2世代―後継者たち―リンガー父娘の決裂と予言の的中

9章 繁栄の大正期・変化の昭和期
    
上海航路就航でホテル・ナガサキ復活

10章 戦争の暗い影 ―戦艦武蔵の進水と戦時体制

11章 国破れて山河あり ―連合軍の長崎進駐と東京裁判

 

〈著者〉ブライアン・バークガフニ (Brian Burke-Gaffney)

 昭和25(1950)カナダ生まれ。昭和47(1972)来日。
昭和
48(1973)臨済宗入門得度、同57年まで禅修行。
昭和
57(1982)長崎市へ移住。平成4(1992)長崎県民栄誉賞(外国人初)

平成8(1996)長崎総合科学大学教授就任、現在に至る。

グラバー園名誉園長、長崎国際文化協会顧問。

 

A5判 上製本フルカラー ■定価2400円(税別)
ISBN978-4-88851-215-2  C0021

価格 : 2,640円 (税込)
ISBN978-4-88851-215-2
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ