長崎の岬

1,540
  (税込)

↑ ↓

第2回「長崎県庁跡地遺構を考える会」
シンポジウム報告書
長崎の岬
― 長崎の記憶をほりおこす
 

四六判並製 180

ISBN978-4-88851-337-1  C0020

旧県庁跡地には「長崎の記憶」が重層して眠る
 
「考える会」主催第2回目のシンポジウムは、世界史的な
視野からテーマを設定し、専門ジャンルの講師をお呼びした。
発掘の継続が決まった県庁跡地から、さらに深い歴史の
「層」が掘り出されることを期待したい。
 
 《目次》
◆第1部 世界の中の日本、日本の中の長崎
−コーディネーター木村直樹
 ◇キリシタン史にとっての長崎と岬の教会 デ・ルカ・レンゾ
 ◇長崎コレジヨの記憶 片岡瑠美子
 ◇江戸時代後期の幕府政治と長崎奉行 藤田 覚
 
◆第2部 長い岬の先に
―発掘から見えてくること−コーディネーター野上建記
   ◇万才町遺構の発掘から見えてきたこと  宮貴夫
   ◇長崎の記憶を守る―長崎人にとっての県庁跡地問題  稲富裕和
   ◇長崎の医学史から 増英明