トップ > 長崎文化・一般 > ありがとう 越中さん

ありがとう 越中さん

ありがとう越中さん
長崎文献社編

◆内容<目次より>

「ここにおります」 越中哲也さん聞き書き   
長崎新聞連載50回分一挙掲載
,發Δ垢100歳 誕生 J譟´だ儀遏 ゾ学校 戦前の長崎 
中学 予科時代 日曜学校 大学 学徒派兵 初年兵 
兵隊 終戦 帰郷 芦搬欧量技 蔚〕 恩淌腓悄´碍垣府 
柑劼匹發燭繊㉑佐世保の少年院 ㉒少年保護観察官 ㉓県立図書館 
㉔長崎史談会 ㉕長崎学会 ㉖永見徳太郎 ㉗渡辺庫輔 ㉘お遊び 
㉙若宮稲荷神社 ㉚片岡弥吉 ㉛パチェコ神父 ㉜海外 ㉝市職員に 
㉞長崎市立博物館 ㉟2人の先輩 ㊱資料について ㊲出島 ㊳洋館 
㊴グラバー邸 ㊵解説者 ㊶シーボルト宅跡 ㊷浩宮さま ㊸国立劇場 
㊹大水害 ㊺正倉院 ㊻食文化 ㊼清島省三 ㊽長崎学 ㊾長崎歴史文化協会 
㊿完 白寿

越中哲也さんの実像を語る――かかわった人々の証言特集     
〇長崎学の継承について      徳永宏(長崎市長崎学研究所研究員)     
〇越中先生が遺したもの     片岡瑠美子(長崎純心大学長)     
〇くんち・精霊流し解説「越中節のこと」林田繁和(NBCアナウンサー)     
〇長崎歴史文化協会の活動40年 山口広助(長崎まちあるきガイド)     
〇長崎工芸美術と茶の湯と越中先生 下川達弥(活水大学教授)     
〇娘から見た父親の素顔      越中桐(越中哲也氏長女)

◆越中哲也(えっちゅう てつや)氏略歴  
1921(大正10)年 長崎市・光源寺長男として生まれる。長崎県立長崎中学校へ進む。
1939(昭和14)年 龍谷大学文学部を卒業。学徒出陣で出征したあと、
復員後は国立佐世保少年院保護官、長崎少年保護観察所観察官を務める。
1954(昭和29)年 長崎市立博物館に学芸員として勤務。1974(昭和49)年館長。
1982(昭和57)年 長崎歴史文化協会を設立、理事長となり2019年に閉鎖するまで。
1983(昭和58)年 長崎純心女子短大教授につき、同大学内に「越中文庫」資料寄贈。
2002(平成14)年 長崎純心大学博物館の顧問。くんちテレビ解説などで市民を魅了した。
2021(令和3)年9月25日、99歳で逝去。 

四六判 並製200頁(予定)
ISBN978-4-88851-368-5  2021年12月発行
価格 : 1,320円 (税込)
追悼と鎮魂の記念出版
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ