トップ > すべての商品 > 長崎毛氈モノ語り

長崎毛氈モノ語り 長崎毛氈モノ語り
長崎毛氈モノ語り 長崎毛氈モノ語り
拡大画像

長崎毛氈モノ語り

長崎毛氈(もうせん)モノ語り

近世期の物質文明の受容と技術の導入
砂素子著

長崎くんちなどの伝統行事で使われた緋毛氈(ひもうせん)は唐人貿易で
長崎市民にもたらされた文化遺産といってもよい。江戸時代には、莫大な
輸入量で知られる。文化元年(1804)には中国から技術者を招聘し、
長崎で生産しようと試みられる。長崎市伊良林地区で、実際に中国人技術
者が生産をはじめた記録がある。
『毛氈製造手続併道具絵図』という図録には図入りで、工程がくわしく
報告されている。
著者は、この図録を解読し、当時の長崎町民文化の歴史をひもといている。

■内容(目次)
機…杭蠹眇曜念廖’載毛製品毛氈の受容
供…杭蠅砲ける毛氈文化の受容
掘…杭蟷始め 毛氈技術の導入
検…杭蠅涼肋貉唆箸箸靴動蘋する試み
后仝‐據…杭衫鮖吠顕叔酳館蔵「毛氈製造手続併道具絵図」と既報毛氈製造書
此‐モノ語り 遠山景晋が見分した毛氈製造

B5判 並製
ISBN978-4-88851-371-5 C0072
2022年2月発行

◆著者略歴 砂素子(すなさき もとこ)
長崎県生まれ。長崎大学大学院生産科学研究科博士課程修了(学術)。博物館学芸員資格をもつ。
長崎毛氈研究所所長。長崎大学教育学部非常勤講師。学校法人玉木学園評議員。玉木鶴亭・リツ
研究家として玉木学園創立者を研究。服飾文化学会、国際服飾学会、日本家政学会会員。
価格 : 1,650円 (税込)
近世期の物質文明の受容と技術の導入
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ