トップ > 旅する長崎学シリーズ > 旅する長崎学【7】

旅する長崎学【7】

第2シリーズ「近代化ものがたり」編 好評発売中!

長崎は「知の都」だった
 

近代化の学校 西から東へ送った風


巻頭特集・近代夜明け前「長崎遊学者」群像
◆「長崎蘭学」の両雄・本木良永と志筑忠雄
◆辞書「ドゥーフ・ハルマ」が蘭学を飛躍させた
◆シーボルトの鳴滝塾で全国の秀才が学ぶ

特集2・長崎の伝習所が日本近代化の羅針盤だった
◆海軍伝習所でのオランダ人教官の教え
◆医学伝習所でポンペが教えた近代医学
◆英語伝習所でフルベッキに学んだ人々

特集3・近代化の礎をリードした長崎の先賢
◆近代活版印刷の父・本木昌造の業績
◆上野彦馬は日本最初のカメラマン
◆新聞の夜明けに君臨した福地桜痴


■本体A5判 ■並製 ■フルカラー64ページ
■ISBN978-4-88851-117-9 C0021

※メール便で発送可能
※他の書籍と同時発送の場合、宅配便になる事もあります

価格 : 660円 (税込)
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ