ログイン 新規登録
 
会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター
     
旅する長崎学シリーズ  
長崎游学シリーズ  
歴史読本・史料  
小説・エッセイ  
長崎文化・一般  
名著復刻シリーズ  
写真集・絵画集  
長崎古版画・ポスター  
グラバー魚譜  
長崎文献ライブラリー  
絵はがき集・マグネット  
 
     
      095-823-5247  
 
    メールはこちら
 
 
 制作現場より
《編集長からのメッセージ 8》 ◆2017年(平成29)の正月3ガ日は全国的に晴天に恵まれたようで す。東京...
 

                                 今日の長崎駅(2017.1.19 木)  空に伸びるクレーンたち

《編集長からのメッセージ 8》
 
◆2017年(平成29)の正月3ガ日は全国的に晴天に恵まれたようで
す。東京では富士山がくっきりと見えて、箱根駅伝を伝えるテレビ
画面で全国に紹介されました。3日に東京にいたので大手町の読売
新聞社前で駅伝のゴールを観戦できました。大手町は日本の経済の
中心で、中枢企業の本社ビルが林立しています。東京駅前から大手
町にかけて、近年リニューアルされたビル群を見て歩くと、まだ築
50年にも満たないビルまで惜しげもなく高層ビルに代わっている姿
に気づきました。やはり「都市も生き物」だと感じてしまいました。
 
◆1月21日には遠藤周作の名作『沈黙』が映画化されて封切されま
す。昨年8月に長崎で開催された遠藤周作に関するシンポジウムは
大きな反響がありましたが、このたび長崎文献社からブックレット
という小冊子でその全貌を紹介することになりました。息子の遠藤
龍之介さんの講演「父遠藤周作の素顔」や外国人の研究者たちの刺
激的なエピソードなどが満載です。『遠藤周作と「沈黙」を語る』
いう題で1月下旬に書店に並ぶ予定。2017年初企画として映画と合
わせて多くの読者のみなさんに読まれることを期待しています。
 
◆山口広助さんは長崎の町歩き名人としてテレビなどで有名ですが、
『ヒロスケ長崎ぶらぶら歩き』という本を長崎游学シリーズとして
刊行します。町をあるきながら「町は生き物」と実感できる本です。
どんな町にも歴史があり、住んでいた人の息吹が残っています。
(堀)(2017.1.10記)
 
 
 
長崎游学12 ヒロスケ長崎ぶらぶら歩き
長崎游学12 ヒロスケ長崎ぶらぶら歩き
1,080円 (税込)
ミゲルとデウスと花海棠
ミゲルとデウスと花海棠
1,296円 (税込)
浦上四番崩れ
浦上四番崩れ
2,808円 (税込)
赤い花の記憶 天主堂物語舞台裏
赤い花の記憶 天主堂物語舞台裏
1,728円 (税込)
 
後藤象二郎と岩崎弥太郎
後藤象二郎と岩崎弥太郎
1,512円 (税込)
寛永長崎港図ポスター
寛永長崎港図ポスター
1,080円 (税込)
「ふたつの悲しみ」秘話
「ふたつの悲しみ」秘話
2,160円 (税込)
旅する出島
旅する出島
2,160円 (税込)
 
★長崎游学シリーズ新刊のお知らせ
★2017年1月新刊のお知らせ
◆年末年始休業のお知らせ
●ふるさと納税の返戻品に採用されました
 
 
 
  長崎の陶磁器  長崎の陶磁器  
   価格 : 1,944円 (税込)  
 
  長崎惣町復元図 ポスター  長崎惣町復元図 ポスター  
   価格 : 1,080円 (税込)  
 
  長崎刺繍の煌めき  長崎刺繍の煌めき  
   価格 : 4,860円 (税込)  
 
  赤とんぼ  赤とんぼ  
   価格 : 1,944円 (税込)  
 
  長崎游学4「軍艦島は生きている!」 廃墟が語る人々の喜怒哀楽  長崎游学4「軍艦島は生きている!」 廃墟が語る人々の喜怒哀楽  
   価格 : 864円 (税込)  
 
 
 
2017年 1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
 
 

Copyright © 長崎文献社 All Rights Reserved.     095-823-5247
商号名 : 株式会社長崎文献社   代表 : 柴田 義孝
特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 長崎県長崎市大黒町3-1 長崎交通産業ビル5F