トップ > 長崎文化・一般 > 出島 つながる架け橋

出島 つながる架け橋

長崎文献社ブックレット
第6回長崎文献社文化フォーラム記録
出島 つながる架け橋
山口美由紀 著

◆体裁 四六判=天地188mm×左右127mm     
並製 本文140ページ・オールカラー
◆定価:1000円+税
◆ISBN978-4-88851-294-7  C0021
◆2018年4月発行 架橋で注目の出島の「今」がまるわかり

◆内容 ・出島表門橋、架橋のための発掘で思わぬ発見
・古写真から読み取るかつての出島橋
・実はリサイクルされていた、石橋の部材
・門番日誌は情報の宝庫、季節で違う出島の生活
・架け橋がつなげる長崎と世界、過去と未来

◆著者 山口美由紀氏 プロフィール
長崎市文化観光部 出島復元整備室学芸員 専門官。広島大学文学部史学科卒業。1992年長崎市教育委員会文化財課を経て、2001年より出島復元整備室勤務。 著書に『長崎出島―甦るオランダ商館』(2008年同成社)『旅する出島』(2016年長崎文献社)ほか。
価格 : 1,100円 (税込)
ISBN978−4−88851−294−7
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ