トップ > 歴史読本・史料 > 日本の名城紀行

日本の名城紀行

日本の名城紀行
地名、地形から「なぞ」を解く
江戸城、大坂城、熊本城などの城史と攻防

原口茂樹 著 (はらぐち しげき)

本体価格1600円(税別)
A5判並製 ISBN978-4-88851-330-2  C0027

◆著者が全国を訪ね歩いた名城寄稿文
◆築城の動機、時代背景、土木技術などを詳細に分析
◆独特の推理でロマンあふれる世界を描きあげた

■内容(著者のことば) 世に名城紀行の本は多く、どこも名城のようにかかれているが、
実際に回ってみると唖然とする。 途中で建設を放棄したり、玄関ばかり立派で邸宅然と
した城もまた多い。日本の城は徹頭徹尾、その地形に拠っているもので、地形の利用こそ
名城のいちばんの条件である。

<著者略歴> 原口茂樹(はらぐち しげき)
1952年長崎市生まれ。1977年長崎大学教育学部卒。同年より長崎県公立学校教員となり、
2013年まで教壇に立つ。定年後、非常勤講師として活水高校などで歴史を教えている。
著書に長崎偉人伝『吉雄耕牛』(2017年長崎文献社刊)がある。
価格 : 1,760円 (税込)
ISBN978-4-88851-330-2
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ