トップ > 旅する長崎学シリーズ > 旅する長崎学【16】

旅する長崎学【16】

ようこそ、長崎の中国ワールドへ!

海の道中国交流編 唐船来航の道
長崎で体感する中国ワールド 唐人さんからのおくりもの


鎖国時代、多くの唐船が入り交流してきた長崎。
長崎の年中行事に残る唐人屋敷での生活風習や唐寺、食文化に残る「普茶料理」や卓袱料理など、長崎県と中国の交流の歴史が育んだ長崎文化を体感して下さい!

<主な内容>
唐貿易の歴史としくみ

朱印船貿易の時代 長崎を舞台に活躍した豪商たち
絵図に描かれた唐貿易のしくみ

唐人屋敷はもうひとつの「鎖国の窓」
今に残る唐人屋敷内のお堂を巡る
長崎の年中行事に残る唐人屋敷での生活風習

唐人の信仰で繁栄した唐寺をめぐる
◆Q&A 唐寺のふ・し・ぎ 10問10答
興福寺■日本最古の黄檗寺院は寺域が別世界
福済寺■原爆で消失した唐寺の代表的国宝建造物
崇福寺■西日本有数の文化財の宝庫
聖福寺■創建は本山萬福寺で修行した僧

食文化に根づく中国色
唐風の精進料理「普茶料理」
中国、西洋もまじった和華蘭料理は卓袱料理

▶内容をくわしく見る→こちら
▶旅する長崎学シリーズ→一覧を見る

■本体A5判 ■並製 ■フルカラー64ページ
■ISBN978-4-88851-163-6

価格 : 660円 (税込)
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ